借金を返済するためのコツとは

借金をしていてつくづく思うのは、今更ですが、金利の高い借金をしてはならないということです。例えば、18%の適用金利でお金を借りた場合には、完済するためにはボーナスなどで一括返済でもしない限りは、相当額の利息を払わなければなりません。これに加えてリボ払いなどと言われた時には、もう返済しなくていいですよと言われているようにさえ思えてきます。それほど高い金利での借金というのは完済するのが難しいということです。従って、返済計画を真剣に考えるのであれば、低い金利でお金を借りなければなりません。というと、低金利の銀行カードローンということになるのですが、これにしても最大金利の場合には、14%前後になるわけですから、消費者金融よりは低金利ですが、基本的には高金利ということになります。早い話が、親や友人から金利無しで借りたお金ならば、それほど大変なことにはならないのです。なぜならば、元本が増えることはなく、返済した分がそのまま減っていくからです。従って、如何にして金利無しに近い状態で借金するかを考えなければなりません。また、金利とともに重要なポイントが、借金は早く完済するということです。言うまでもなく、早く返済すればそれだけ支払うべき利息が少なくなることになります。金額の大きな住宅ローンの場合や金利の高いカードローンの場合には、この早く返済するということが大変重要です。住宅ローンの場合には、繰り上げ返済で手数料がかかるような商品は避けるべきで、いつでも1円単位でも手数料無料で繰り上げ返済できるような住宅ローンを選択しなければなりません。カードローンの場合には、基本出し入れ自由な商品ですから、いつでも1円単位で繰り上げできるのですが、出し入れ自由ということは、いつでもまた枠が空けば自由に借りられるということになりますので、個人的な経験から言ってもほぼ後者での利用となってしまいます。出し入れ自由なカードローンなどの場合にこそ、しっかりとした完済計画と自己管理が必要となります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*