借金の返済は計画的に行おう

はじめて借金をした理由は、生活費が足りなくなったときです。衝動買いが重なってガソリン代が不足してしまい、生活費をガソリン代に充てたら食費がカツカツになってしまったのです。不足分は2万円程度と少なかったので、軽い気持ちでキャッシングに申し込みしました。そこで大手消費者金融に申し込みしたのですが、即日でお金を借りることができたのです。あまりに簡単に借りられるので驚きましたが、借金をしているという自覚は持っていました。しかし、繰り返し借りられるという性質上、返済してもすぐに借入していたので少しずつ債務は膨れ上がっていきました。気がつくと2万円だった借入額は30万円まで膨らんでいたのです。借入額が大きくなると利息の支払いが厳しくなってくるので、返済してはすぐに借入するという生活になります。このままでは完済できないと思ったので、キャッシングからフリーローンに乗り換えたのです。どちらも多目的に利用できるローンに違いありませんが、フリーローンは追加融資を受けるときに増額審査が必要になるのです。キャッシングほどはお手軽に借入できないので、必然的に返済中心の生活になっていきました。計画的に返済していくと、30万円の完済はそれほど大変ではありません。もちろん収入、毎月の小遣いなどの金額によって変わってくるのでしょうが、積極的に繰り上げ返済も活用していきました。完済までにかかった期間は1年程度であり、その間はムダ使いをしないようにしたものです。家計管理をしてムダを洗い出して、毎月少しでも多く返せるようにしました。借金をしている方は一時的とは言えども収支がマイナスになっているので、家計管理は必須と言えます。ムダ使いでお金を浪費するくらいなら、返すほうに回したほうが絶対にいいのです。借金はあくまで借りているお金だと認識しておけば、早く返したいと思うはずです。借金の利息は日数で発生するので、1日でも早く完済するように計画を立てましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*