借金返済時に感じる「ストレス」とは

借金をする状況は多々あれど、「自分の責任で、自分のために使わざるを得ない借金」は出来れば避けたいものです。例えば、突然の事故や病気などで致し方なくお金を借りなければいけないということであればまだしも、遊び過ぎてお金がない・無計画に使い過ぎた・準備不足でお金が足りないと言った状況で借金をすることは非常にリスキーです。その理由は後で書くかもしれませんが、とにかく「極力避けるべき性質の借金」であることだけは間違いありません。中には借金をしていても何ら負担を感じさせない生活をしている人が居ます。そういった人たちは、自身の収入に対して適切な範囲内でお金を借りている人、すでに状況をシミュレーションしていて負担が軽減されている人などが該当しますが、いずれにしても「適切な範囲、納得済みの状況」で利用している訳です。しかし、私は「全く何の準備もせず、何とかなるさという楽観的な感覚」でそこに足を踏み入れてしまったため、心身ともに大きな負担を感じる結果になってしまいました。もっとも大きなストレスとなったのは「返済が出来ない」ということです。私の月々の返済額は2~3万円とそれほど大きなものではありませんでした。収入は300~350万円くらいあったので、決して無謀な借り入れをしたと言う訳でもないでしょう。しかし、あらかじめどういう状況になるのかをシミュレーションしておらず、借金というものの性質を理解しても居なかったことで大きな精神的な負担を感じていました。ちょっと支出が増えてしまえば返済がきつくなるため、食費を節約し、友人や同僚との交流の機会を減らし、自分の趣味やストレス発散に対する支出も減らし、とにかく「返済だけを優先した生活」をすることになったため、余計に負担が重く感じられるようになったのかもしれません。何よりも大変だったことは、「返せど返せど元金が減らないこと」でした。最初は仕方がない状況ではあるのですが、その仕組みを理解していなかったために余計な負担を感じる結果になってしまいました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*