借金を返済している最中の心理状態

私が借金をしていたときの状況は、「年収300万円、借入総額100万円」というものでした。総額で言えばそれほど大きな額ではありませんでしたが、年収300万円の私にとっては非常に大きな負担になっていました。借金をすることになった理由によっては、大変な状況でも歯を食いしばって頑張ることが出来たかもしれませんが、私の場合は「自分の無計画さ」が原因でした。誰かのためにとか致し方なくと言う訳では無かったため、ついつい甘えた考えになる瞬間が非常に多くありました。一番大変だったことは、「返済をしても元金が減っていかないこと」です。尤も、継続していけばいずれは元金が減っていくわけですが、毎月約3万円ほどの返済をしていてもその内2万円超は利息分として充てられてしまうため、元金は1万円も減少しないという状況に対して強いストレスを感じていました。とは言え、このような状況になることは借りる段階で分かっていたことです。しっかりと事前にシミュレーションをしていれば状況が予測できたはずなので、そこに対して「本当に大丈夫なのか」という自問自答をすることも出来たでしょう。しかし、私は何も考えずに「お金が足りない、だから借りよう」と安直な選択をしてしまった結果、長きに亘り大きな負担を負うことになってしまいました。この間、私が常々感じていたことは「どうしたらこのストレスから開放されるのか」ということでした。当然ですが、完済してしまえばいいだけの話なのですが、私の返済状況では完済までに10年以上かかってしまうと思われたため、「出口のないトンネル」の様に感じていました。その結果、途中で返済をしなくなってしまった時期があり、遅延損害金などによって更に返済の負担が大きくなっていきました。最終的には何とか完済することが出来ましたが、これから利用する人は必ず「事前に自分の経済状態を把握し、確実に完済できる状況」でのみ借金をする事をおすすめします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*