借金取りから逃げたら訴えられた!その時、私がとった行動は・・・

借金が返せなかったので逃げたのですが・・・

消費者金融からいくらか借金をしていのたですが、利息の返済ばかりで元本がなかなか減らない状態が続いていました。そんな時、勤めていた派遣会社から転勤するように言い渡されました。転勤のために引越した先で私は、借金から逃げて踏み倒そうと考えました。住民票を変更したらバレるので、役所に届出を出しませんでした。運転免許証だけは身分証明書として必要になるし、車の運転に支障がでるかもしれないので住所変更をしました。しかし、住民票を移さなければ健康保険証も作れません。1年くらいは我慢しましたが、不便さに耐えられずに住民票を移したところ、間もなく催促状が届き、数ヵ月後に訴えられてしまいました。金融機関から借金をした場合の時効は5年ですが、裁判で債権が確定してしまえば10年まで延長されてしまいます。あと10年も逃げるなんて不可能だし、また同じように時効を延長されたらと考えると、逃げることは間違いだったと気づきました。

訴えられた私がとった方法とは

逃げることは不可能だと悟った私は、弁護士に相談をしました。借金はすでに返済不可能なほどに膨らんでいたので、自己破産を勧められました。ろくに資産を持っていなかった私は、自己破産をしても失うものはほとんどなく、車も売却してもたいした価値はないと判断されて、所有を続けることができました。もちろん借金をすべてゼロにするからにはデメリットもあります。自己破産をした後は個人信用情報に5年~10年はブラック情報が残るので、長い間クレジットカードやローンが利用できなくなりますし、同じ金融機関からは二度とお金を借りることができないでしょう。こんなことになるなら、もっと早くに弁護士に相談しておけばよかったと思いました。訴えられたことで、逃げることが無意味だと悟ることができたので、むしろ早いうちに訴えられたことは幸いだったといえるでしょう。5年が経過して時効が終わるギリギリのところで訴えられていたのだとしたら、もっとショックが大きかったと思います。

借金の過払い金について

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*