借金だけが残った!相続放棄で楽になるの?

相続財産の基本的な考え方を知っておこう

相続財産の基本的な考え方を知っておくことで、後で発生する可能性がある相続に関するトラブルを避けることが出来ます。家族の中で財産を持ったまま命を落とした人がいた場合には、その人が所有していた財産は残された家族に分割されます。この分割の割合に関しては民法という法律に規定されており、配偶者ならば二分の一、子供にはそのさらに半分ずつと言った具合に具体的な財産の分け方が記されているので、特別な定めがない限りはこの民法の規定に従って財産を分割しなくてはいけません。特別な定めというのは、例えば遺言などによって亡くなった人が特定の人に対して財産を相続させることを求めているときなどです。この場合には、民法の規定に率先して遺言書の内容が適用されるのできちんと知っておかなくてはいけません。そして、何よりも大切なのはこうして民法に書かれている財産には実は借金も含まれていると言うことなのです。借金というのは、残された家族に対する相続の対象となっているので、亡くなった人の財産の状況がわからない場合に安易に相続を宣言するとこの借金まで相続することになります。そのため、そうならないようにするための対処を考えておかなくてならないのです。

相続放棄で全ての権利をなかったことにする

相続権者が亡くなった人の財産を相続しないための方法にはどのようなものがあるのでしょうか。この方法は二つの方法があるので、状況に応じて適切な方法を使わなくてはいけません。一つは、財産と借金のバランスを考慮して財産が借金よりも多い場合にその財産だけを相続する方法です。財産から借金をマイナスして、それでも財産がまだ残っている場合にはその分だけを相続するためこうした方法は限定承認と呼ばれています。限定承認を行うと必要な財産だけを相続できるので権利者にとって非常に都合の良い相続を実現することが可能です。そして、もう一つの方法が相続をする権利そのものを放棄して財産と借金に関するあらゆる責任から逃れる方法です。これは相続放棄と呼ばれている方法で、権利者は期間が経過するまではいつでもこの相続放棄を宣言することが可能です。基本的に、相続によって与えられた相続権の行使は、その権利が与えられた本人が自由に宣言することが出来ます。しかし、自身にとって都合の悪い相続にしかならない場合にはこの権利を放棄して、亡くなった人の財産や借金に関する全ての責任から逃れることが許されているのです。こうすることで、相続トラブルで悩まされることはなくなります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*