逃げられた!借金した人を訴えることはできる?

お金を貸した相手が逃げてしまうことも

借金というのはしばしば人間関係を悪化させる原因となることが多く、金の切れ目が縁の切れ目ともよくいうものです。どれだけ親しい間柄であっても借金が原因で、人間関係が崩壊してしまうこともあり個人間での貸し借りというのは避けたほうが賢明なものとなっています。しかし、それでもときには相手を信用してお金を貸してしまうこともあるものですが、そのような時には返ってこなくても諦めの付く金額を貸すようにしましょう。貸したお金はあげたものとして考えたほうが良いというように、相手に逃げられたときの事も考えて貸すことが大切です。現実的にお金を貸した相手が逃げてしまうということは珍しくなく、そのような時に諦めきれない金額であった場合、それを回収するにしても非常に多くの手間がかかってしまい、かなりの無駄になってしまいます。そして、最終的に諦めるということも多いので、最初から諦めの付く金額に抑えておくことが賢明といえます。

借金をした人を訴えるにしても

借金をして返してくれない相手を訴える事自体は可能ですが、多くの人は相手を訴えるということはしない場合が多いものです。相手の所在がわかっていて、返せるだけのお金があることを知っていてそれでも返さないというのであれば、法的手段をとるのも効果的ですが、結局のところ返済のあてのない相手を訴えてみても手間とお金が余計にかかることになってしまい、あとは気分だけの問題となってしまうためです。何千万物をお金を貸して、訴えてそれが戻ってくるのであれば訴える価値はありますが数十万、百万円単位であれば手間や裁判などの費用のことを考えると泣き寝入りをしたほうが金銭的には得ということが多いので、結局訴えずに終わってしまうということが多くあります。このように訴えることができるにしても、その結果の実入りが少ないことが多いので、現実的には逃げられて困るお金を貸さないことが一番となります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*