借金でクビが回らないときの相談先とは?

債務者の今の状況や経済環境によってベストな相談先は変わります

取り立てが厳しい場合、弁護士事務所がベストです。弁護士は紛争性の高い問題をスムーズに解決出来るスペシャリストです。これは借金問題においても同じです。あまりに酷い取り立てに対し、債務者を守ってくれるのは弁護士だけです。貸金業者側も弁護士が代理人とわかれば、強硬な姿勢を取らなくなります。ですので相手が強引なタイプだった場合、弁護士に依頼してください。弁護士は多額の借金問題にも対応しています。司法書士は一定額までの借金までしか債務整理手続きを代行出来ません。債務額が膨大な場合、必然的に弁護士に依頼する事になります。ですので相談も弁護士にしてください。取り立てに関して、多少余裕がある人は、国が出資している司法センターに相談しましょう。司法センターでも無料相談を受け付けています。専門家への依頼費用が心配なら、分割払いOKの弁護士、司法書士を紹介してくれます。立て替え制度もありますのでとにかく費用面が心配な時は、司法センターで相談すると良いでしょう。債務は少額、取り立ても厳しくない状況なら司法書士事務所が良いです。メリットは依頼時の費用です。弁護士と比べ、司法書士の依頼費用は手頃な額である事が多いです。

借金相談をする上での注意点について

専門家の中には悪徳業者と繋がっている人もいます。具体的には悪徳弁護士です。悪徳弁護士は、名義だけ整理屋に貸して、実際に債務整理は行いません。債務整理を行うのは整理屋です。整理屋は、ただ悪徳弁護士から名義を借りているのみですから、借金整理の知識はありません。したがって、こういった悪徳弁護士や整理屋に債務整理を依頼すると、一向に手続きが終わりません。逆に更にお金を請求される事になります。事務手続きが必要、書類作成に費用が必要と理由をつけて延々と債務者はお金を毟り取られる事になります。DMや雑誌、街のチラシをみて無料相談をするのは避けましょう。すぐに債務整理可能、費用は少額といった甘い文言に騙されないようにしてください。信頼できる弁護士事務所に相談するのが債務整理の基本です。少しでも怪しいと感じたら、そこで依頼するのではなく、一旦帰宅してネットで調べるくらいの用心深さも大切です。そこまでしなくても良いと考える人もおられるでしょう。しかし、債務整理とは自分の借金の整理です。大幅に減額されればそれだけ自分の生活はラクになります。手続き後の人生が左右される事を忘れずに、信頼できる良い専門家に相談、依頼するよう心がけてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*