借金が返せない!個人再生って?

借金が返せない時の方法とは?

借金を返せない時にとる方法としては、任意整理が債務整理の中で最も簡単なものです。任意整理では、裁判所を通さずに、依頼した弁護士や司法書士がお金を借りている金融機関との間にはいって、それ以降の金利をゼロにしてもらうように交渉する手続きです。裁判所を通さずに弁護士の交渉がメインで手続きが進められていくので、個人再生や自己破産に比べて手続きが早く終わるのがメリットです。任意整理の前に過払い金の計算が行なわれますが、過払い金を差し引いたらすでに借金を完済しているような場合には、個人信用情報にブラック情報がつかなくてすみます。任意整理では解決できない場合にとる手段として有名なのが、自己破産です。自己破産ではすべての借金を帳消しにできるので、返せない借金をかかえて生活破綻に陥っている人でも、人生を再スタートさせることができます。すべての借金を帳消しにするという重い効果をもつので、だれにでも認められるわけではなく、自己破産が2回目以降の人や、ギャンブルなどで浪費した場合には認められない可能性が高くなります。さて、借金が返せない時にとる方法として、任意整理と自己破産の中間にあるような制度が、個人再生です。個人再生とはいったいどのような人が利用する制度なのでしょうか?

個人再生を利用するとメリットがある人とは?

任意整理では利息しか減らせないのに対して、個人再生では借金の元本も大幅に(5分の1程度まで)減らすことができるのが特徴です。ただし住宅ローン債務だけは減らすことができませんが、住宅ローン債務をそのまま返済していくことができるなら、マイホームが残せるというメリットがあります。自己破産ではすべての借金をゼロにできるので、自己破産の方が得であるように思えますが、マイホームを残したい人にとっては個人再生という方法をとったほうが得をすることになります。また、ギャンブルで浪費をしてしまって自己破産で免責が下りないという人も、こちらの方法をとることになります。個人再生をして大幅に減らした借金は、原則として3年以内に完済しなければなりません。そのため、ある程度安定した収入がないと個人再生をすることは認められません。さらに、個人再生後の返済中に延滞をしてしまうと、異議申し立てを出されてしまい、すべて台無しになってしまうこともあります。個人再生をすると、個人信用情報にブラック情報が記載されてしまうというデメリットがあります。以後5年~10年間は金融機関の審査に通らなくなりますので、クレジットカードを作ったりローンをすることができなくなります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*