金利を考えて借金を

もしも、自分の母親がこんな人なら子どもとしては困ります。欲しいものを、手に入れたいのは誰でも同じです。普通は、借金をせずにまずはお金を貯めてから手に入れると思います。でも、自分で考えてキチンと返済を完了しているのでこんな考え方もあるのかなとも感じました。でも借金には、金利がつくのでその分だけ余計にお金がいります。(20才/女性/学生)

今はインターネットの普及とともに個人でも簡単に借金をする事が出来る様になったきたと思います。だからお金の勉強をもっとさせるべきです。自分もローンを組んだりしていましたがふと借金の仕方を間違えていると思いました。自分の身の丈以上のものを欲しがるから借金が必要になるわけでお金を増やす目的でお金を借りるのは正しいかと思いますが自分の物欲のための借金は間違いで自制心のない人間です。(21才/男性/正社員)

一度欲しいと思うと、何があっても手に入れるような人だと思いました。特にブランド品は、一度購入をすると次々と欲しくなる気持ちは自分も理解できます。ただ、それも自分の収入に合わせてするのが大人です。途中で、本当に必要なものが何か気がつかれて良かったです。そのまま行くと、借金が増えていくだけのように見えるからです。(35才/男性/正社員)

見栄を張るだけではいけません。ブランド品は魅力があるものかもしれませんが、それを持つ人の品格も大切です。借金をしてまで購入するようなもんではありません。借金を返済できたことはよかったと思います。これからは、必要かそうでないかだけでなく、自分の収入に見合っているかも考えて購入するかどうか決めると良いと思います。(男性/岡山県/40才) 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*