借金できる限度額と年収の関係

借金できる限度額と年収の間には密接な関係があります。キャッシングやローンなどの借金をする上では審査が必要ですが、そこでは借りる金額だけではなく年収も尋ねられます。これは、借り手の返済能力を確かめるだけではなく、適正な範囲の貸付金額に収まっているかを確認し、貸付の可否を総合的に判断するためでもあります。
借金の限度額には消費者金融などの貸し手が個別に定めているもののほかに、総量規制によって定められているものがあります。総量規制とは貸金業法という法律の一部で、これによって貸金業者は借り手の年収の三分の一以上の金額を貸付してはいけないことになっています。そのため、例えば年収600万円のサラリーマンが借りられる限度額は200万円です。また、借り手のすべての借金の総量が借り手の年収の三分の一に収まらなければなりませんし、貸金業者は審査の際に必ず他の業者への借金の有無を確認するので、このサラリーマンの場合1社から200万円借りたり4社から50万円ずつ借りることはできても、2社以上から200万円ずつ借りることはできません。ただし、この貸金業法は消費者金融やクレジット会社、信販会社のみを対象としているので、それ以外の業者から借りる場合は会社ごとの貸付可能額の審査や返済能力の審査基準以上の意味はありません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*